2020年06月

 椎堂線19号鉄塔から分岐しているのが、塚口支線です。 銘板によりますと、建設が大正13年1月となっていますので、現椎堂線を構成している鉄塔群より、やや若いということになります。 背後の分岐鉄塔は、椎堂線19号鉄塔で昭和53年建設の新しい鉄塔です。 勝手な推測です ... もっと読む

 有馬線37号鉄塔です。伊丹変電所から有馬変電所を結ぶ154kV線路です。林の中に立っているので、全体をうまく写せません。建設年月昭和3年 10月八幡製鉄所の社章が刻まれています。この写真は90度回転しています。               2020年5月21日 撮影 ... もっと読む

塔高に対して、腕金が長く横幅があり、そして架空地線一条。当方の一番好きな(懸垂、耐張とも)スタイルの鉄塔です。新加古川伊丹線も建替が進行していますが、まだまだこのスタイルは多く残存しており、頼もしい限りです。新加古川伊丹線 30号鉄塔2016年5月22日撮影 ... もっと読む

 神河町大山~猪篠地区に位置する播磨中央線です。37号紅白鉄塔から老番側の写真です。 猪篠川を36号紅白耐張鉄塔と37号紅白耐張鉄塔で通過し、左岸の711メートル峰を目指して38号耐張鉄塔、39号懸垂鉄塔を経て40号鉄塔に向けて急斜面を駆け上がっていきます。 長身長でス ... もっと読む

↑このページのトップヘ